マザーズタッチ / ブログトップ / 1Day レッスン・ワークショップ・催し物 / 12月の1Day レッスンのお知らせ/ダーニングで綴る始末のいい手しごと。

こんばんは。
マザーズタッチ店主のサハラです。

 

遅い時間に失礼します。
明日から23日まで留守をいたしますので、
その前に12月の1Dayレッスンの

お知らせをさせていただきますね。

 

〜ダーニングで綴る
始末のいい手しごと〜

 

日 時:12月14日(水) 10時〜14時ごろまで
料 金:2,200円  ランチ(banni BOX)・ワンドリンク付き
定 員:6名様まで

 

持ち物:穴が開いてしまったウールやウール混のセーター・カーディガン・手袋・靴下など。ニット製品の方が作業がしやすいですが、ジーンズやフリース系衣類をお持ちいただいても構いません。※

 

作り方:刺繍糸と毛糸をたくさんご用意します。その中から好きな色を選びダーニングしていきます。

 

ダーニングとは衣類の虫食い穴や引っ掛け穴、擦り切れた部分などを補修する針仕事の一つです。

 

★マザーズタッチでご提供するランチは、かつて藤原所在の人気店「バニ・カフェ」(現在はOcean Gate103にて活動中)特製のbanni BOXです。このbanni BOXは、マザーズタッチでのみ食することのできる希少なランチです。内容やテーマは毎回変わります。こちらも併せてお楽しみください。

 

 

【作例1】

穴の開いた夫の
カシミアのセーター。

 

ダーニングに使う道具と材料は、
刺繍糸(毛糸)と針と電球です。

 

穴の開いた部分に
中から電球をあてて
一方向に糸を刺していきます。

次に糸を替えて(同じ糸でもOKです)、
前の糸に対して上下・上下と
織るように潜らせていけばできあがり。

夫のお気に入りだったこのセーター。
「紫陽花のようだね」と
穴も塞がり喜んでくれました。

 

【作例2】

もう3年以上は
使っている犬散歩用の
フリース手袋。

幼なき時代の犬が
パワフルに引っ張ったので
右手だけが擦り切れてしまいました。

 

好きな色の刺繍糸を選んで
刺していきます。
達人いわく、
「ヘタウマくらいがかわいい」
とのことなので、気の向くままに
適当に糸を刺していきます。

 

できました〜♪
近所の犬仲間にも好評です。
またこの冬の犬散歩に
活躍してくれそうです。

 

【作例3】

もう20年来使っている
銘仙地とジーンズの袋バッグ。
角が擦り切れてしまいました。

擦り切れた部分を
刺繍糸でまわりを
ざくざく縫って、
そのあとは糸を替えたり
ちょっとだけ装飾してみたり。

擦り切れ部分が隠れて
なかなかいい感じです、
と自画自賛〜♪

 

【作例4】

穴の開いたジーンズも
こんな感じでダーニングできます。

 

ダーニングのやり方説明人:
マザーズタッチ店主 サハラ文子

 

汚れたら洗って、
ほつれたり擦り切れたら繕って。

自分の手元に来たモノたちと一緒に
長く使い続ける愉悦を味わいながら、
2016年お終いの月に
始末のいい手しごとを
ご一緒しませんか?

 

ご予約はメールにてお願いいたします。

ご予約メールの送り先はこちらです
(メールには下記をコピー&ペーストして
ご利用ください)

================================================

〜ダーニングで綴る

始末のいい手しごと〜
◎お名前

◎ご連絡先電話

◎ご住所

◎メールアドレス

◎参加人数

========================

定員になり次第

締め切りとさせていただきます。
のちほど、

こちらから詳細をご連絡差し上げます。
みなさんのご参加をお待ちしています。

※たいへん恐縮ですが、
11月23日(水・祝)まで
不在となりますので、
お返事は24日以降となります。
どうぞよろしくお願いいたします。