マザーズタッチ / ブログトップ / パリ展あれこれ。 / 【パリ展報告8】ピアニストのムッシュ。ドラマその5

こんにちは。
マザーズタッチ店主のサハラです。

パリ展報告もう少し続きます。
いましばらくおつきあいくださいね。


+++ +++


展覧会2日目。
白髪のムッシュがギャラリー入口の
古裂モザイクマフラー
長い時間をかけてご覧になってました。

実は、この日のオープン前に、
このディスプレイじゃ
使いみちが分からないね。

と、暖簾風にしていた
ディスプレイから1本抜いて
ワンピースの首に巻き、
「マフラーなんですよ」を
アピールしていました。


毎日なにかしらの
ディスプレイを替えるのは、
apifasのまゆさんの発案でした。

替えたものが動く(売れる)。
そんな嬉しい法則も
現場で生まれました。



 

ムッシュは
何本ものマフラーを試着しました。




鏡に映る自分の姿を
何度もチェックしています。


今回のパリ展では、
自分のものを買う
というより、
親しい誰かへのギフトとして
お買い上げになる傾向がありました。

そんな中での、
真剣な自分アイテム選び。

パリのムッシュは
おしゃれなんだなぁ、
なんて思っていたら。





僕はピアニストなんだよ。

とのこと。
あぁ、なるほどなるほど。
そうでしたか。



ステージでこのマフラーを使いたい。
そうすれば同じ衣装でも
イメージが変わるだろう。

明日、色違いのジャケットを
持ってきて合わせたいから
お取り置きしてくれるかい?

これはベートーヴェン。
これはブラームス。
これはシューベルト。

と、色違いのマフラーに
作曲家の名前をつけて
イメージを膨らますムッシュ。


5本のお取り置きをされて、
「じゃ、明日またくるね。
 支払いは現金のみだね。
 ATMに寄ってから来るよ」





翌日。

白いジャケットと
黒いジャケットを持って
ムッシュは現れました。


立ち姿がかっこいいんですよね。

パリですれ違う人の多くが
姿勢が良かった気がします。
老若男女を問わず。

これってアムールの国なので、
いい意味で人からの視線を意識して
美しくあろうとしているのかな、
なんて思ったりも。
(見習わねば)



 
白のジャケットには
これとこれ。
春と冬が似合いそうだ。

黒のジャケットにはこれ。
秋に着たいな。


何度も何度も試着して、
吟味に吟味を重ねて
3本のマフラーを
お買い上げいただきました。


「3本買うから値引きしてね」

生まれて初めて
値引き交渉(される側)をしました。
それも英語で!!!

ムッシュの
フランス語によるひとり言は
スタッフさんが
すばやく訳してくれて
「サハラさん、がんばって」の
エールの中、
お互い納得の金額で
交渉は成立しました(笑)。


「僕のコンサートが
 27日にあるんだよ。
 よかったらお出でよ」

「残念ながら26日に帰国なんです」


27日のコンサートでは、
どのマフラーを
着けてくれたのでしょうか。

お買い上げ、
ありがとうございました。



【おまけのムッシュ】
その翌日にも
やってきたムッシュ。
(3日連続です)


この日は、
ニュースペーパーエコバッグを
お買い上げに。

「中村宏子が載ってるからさ」と。

あ、ほんとにピアニストなんだ。
(いえ、別に疑ってはいませんよ)


襟ポケットには、
ご来場ありがとう記念で作った
くるみボタン
を着けてくれて、
最後までお茶目なムッシュでした。



続く。

★↓バリ展報告もう少し続きます↓★
パリ展1日目、現地より生報告。本日のドラマその1。
パリ展2日目、現地より生報告。本日のドラマその2。
【パリ展報告1】無事に終わりました、ありがとうございました。
【パリ展報告2】関わってくれた全てのみなさんにありがとう。
【パリ展報告3】展覧会前日/搬入とディスプレイ作業
【パリ展報告4】ディスプレイのこと、あれこれ。
【パリ展報告5】隊長としての最も大切な任務とは。
【パリ展報告6】自分のお金で買いたいの。ドラマその3
【パリ展報告7】ATMでお金おろしてきますね。ドラマその4
【パリ展報告8】ピアニストのムッシュ。ドラマその5 (このページです)
【パリ展報告9】心に届いたハッピー文字。ドラマその6
【パリ展報告10】パリのなでしこたち。ドラマその7
【パリ展報告11】動くと、動く。パリのドラマまとめ

<< 【パリ展報告7】ATMでお金おろしてきますね。ドラマその4【パリ展報告9】心に届いたハッピー文字。ドラマその6 >>