マザーズタッチ / ブログトップ / スペース・マザーズタッチ / スペース・マザーズタッチは「作れる雑貨屋さん」です。

こんにちは。
マザーズタッチ店主のサハラです。

昨日こちらにてお知らせしました
新しいスペース・マザーズタッチのこと
少しずつ書いていきたいと思います。


昨日は、
"ソーイングカフェのようなイメージ"と
書きましたが、わたしが作りたい
スペースはカフェではなく、
といってスペース・マザーズタッチでは
言葉自体がなんだかよく分かりません・・・。

マザーズタッチを知らない方でも
それを聞いてなんのお店なのか
すぐ分かる名称はないものか・・・。

あれこれ考えて、
あ、そうだ!と思いついたのが
作れる雑貨屋さん。でした。


(今年2月に行なった1Dayレッスンのワンシーン)

この言葉がイメージに一番近く、
わたし自身、あったらいいなと思う
お店のカタチです。
果たして「作れる雑貨屋さん」は
カタチになるのか・・・(作ります!)、
オープンまでの進捗状況を
随時ここに綴っていきたいと思います。


+++ +++


いままでのスペース・マザーズタッチは、
WSや1Dayレッスンにお申込みいただいた方、
もしくは月1の教室に参加されている方のみの
クローズドな場でしたが、
これからは「作れる雑貨屋さん」ですから、
どなたでもお越しいただけます。
(WSや1Dayレッスン、月1の教室は
いままで同様お申し込みの方のみですが)

また、これまでの
スペース・マザーズタッチは
諸事情により
水曜日開催が多かったのですが
週末開催ご希望のお声も多く、
お応えできないことに
ジレンマを感じていました。


営業時間・営業日ともに
これから決めていきますが、
週末のどちらか1日は
営業しようと構想しています。
(週4日営業、3日お休みの予定です)


で、ですね。
作れる雑貨屋さん
スペース・マザーズタッチに
置いてあるものは、
その名のとおり
「作れるもの」ばかりなんです。
(ここから先はまだ構想・妄想段階です)




例えば。
お裁縫はあまり得意じゃないけど
ハンドメイドには興味があって
なにか作ってみたい、
なにから始めればいいかな、
という方には
真っ直ぐ縫うだけでできあがる
カフェエプロンはいかがでしょう。


また。
スペース・マザーズタッチへは
建物の構造上、靴を脱いで
上がっていただくことになりますが、
室内にご用意してあるルームシューズも
キット化して作れるようにしておきます。
スペース内で作ってもいいですし、
おうちに持ち帰って作ってもいいと思います。


そして。
改修工事が済んだパウダールームには
裂き織のマットが敷かれる予定です。
このマットを織ることもできますし、
編んで作ることもできます。

裂き織りについては、
生地を選んで(もしくは手持ちの生地でも)
裂き紐を作るところからはじめてもいいですし、
すでに作られている裂き紐から
選んでいただいてもオッケーです。
裂き紐の代金は生地の種類に関わらず
グラム売りする予定ですので、
軽いけど質の高いシルク地の方が
安くなったりするかもしれません。


さらに。
店主のわたしが
着ている(であろう)ワンピースも、
直線を活かした着物地で
作ったものが多くなりそうですが。
とはいえ、
ワンピースを1から作るとなると
難しくて作る前から断念しそう・・・。
だいじょうぶです。

わたしが着ている(であろう)ワンピースは
上半身部分はTシャツでハイウエスト辺りから
スカート部分として着物地を繋いでいます。
難しい襟ぐり袖ぐりなどをせずに作れます。
えぇ、はい、アップサイクル主義ですから。


さらにさらに。
マザーズタッチと言えばバッグ、ですが。
こちらも作れるキットをご用意しておきます。

もちろん、お好きな生地を選んでいただいても、
お持ちの生地を持ち込んでもオッケーです。

あ、でも。
スペース・マザーズタッチで作るバッグは、
職人さんが作っていたバッグではなく
シンプルなデザインのバッグになる予定です。
(既存のマザーズタッチのバッグは
残念ながら簡単には作れません)


もちろんもちろん。
ご自身が作りたいものを持ち込んで
チクチクしたりチョキチョキするのも
大歓迎です。

ミシンをお持ちでない方には
ミシンをスペース内で
使っていただく形のレンタルなども。


「作れる雑貨屋さん」とは、
そこにあるものを
作れるだけではなく、
作れる場(スペース)のご提供も
意味します。


+++ +++


先日、
ジェノベーゼソースを作った時のこと。
簡単なレシピなので自分ひとりでも
ちゃちゃっと作れるんです。

なのですが、
後日友人からこんなコメントが。
 

1人で、ちまちまとやると億劫だけど、
楽しかったね。
来年も文子さん宅でw

手前味噌を作った時も
アンチョビを作った時も、
同じような声がありました。


手づくりって
ハンドメイドって
手間もかかりますし、
市販品より
割高になってしまったり
することもあるのですが、
自分で作ると楽しいですし
世界で一つだけのものが作れるし、
仲の良いお友だちと一緒に
おしゃべりしながらなら
尚のこと楽しいと思います。
きっと、たぶん。


そんな楽しいことを
機械(市販品)に任せちゃうのは
もったいない話しだなぁ、と。


わたしは
ソーイングのプロではないので、
縫い方をはじめテクニックを
お教えすることはできません。

「作れる雑貨屋さん」で作れるのは
ソーイング関係だけではなく
昨年のように手前味噌や
アンチョビなどの保存食品も
企画構想しています。

それらの材料の準備をしたり、
作る場として便利に使っていただくのが
「作れる雑貨屋さん」としての
スペース・マザーズタッチの
立ち位置かなぁ、と
いまこうして店主ブログを書きながら
頭の中が少しまとまりつつあります。


そんなこんな。
随時、頭の中にあることを書き出して
ブラッシュアップしていきます。
マザーズタッチと
スペース・マザーズタッチを
今後ともよろしくお願いします。


【補足】
・マザーズタッチ/ネットショップ
・スペース・マザーズタッチ/作れる雑貨屋さん


【いままでと変わらないところ】
1.既存作品のオーダーメイドを承ります。
(過去の作品一覧/タイプ別)
2.大量オーダーメイドを承ります。
(おばあさまの3回忌の引き出物としてご利用いただいたSさまのエピソード)
↓ ↓ ↓
いずれも、こちらのフォームから
お問い合わせくださいますよう
よろしくお願いいたします。

<< 変わるマザーズタッチの経過報告。「好き」なことに没頭できる場所。 >>