マザーズタッチ / ブログトップ / 1Day レッスン・ワークショップ・催し物 / 10月の1Day レッスン★ルームシューズ作り

こんにちは。
マザーズタッチ店主のサハラです。

「作れる雑貨屋さん」の
10月29日オープンを向けて、
リノベーションの日々が続いています。

柱と柱の間に棚ができたり。
作戦会議を開いたり。
トイレットペーパーホルダーが設置されたり。
まだ何もない工事現場にリースを飾ったり。
椅子にペンキを塗ったり。
自分たちで貼る床の準備をしたり。


そんな中、昨日の10月7日(水)、
「スペース・マザーズタッチの
オープン業務を手伝ってくださいプロジェクト」
と称したちゃっかり企画、
ルームシューズ作りのワークショップを開催しました。



このスペースで1Dayレッスンや
ワークショップを開催するのは
今回が最後となりました。

来月からは、
「お店」の大テーブルにて行ないます。
 

で、ですね。
昨日の参加のみなさんは
勝手知ったる友人たちということもあり、
無理を言って講師不在の状態にて
ルームシューズを作ってもらいました。

というのも。
今後「お店」で手づくりキットを
販売していく予定なので、
教えてくれる講師がいなくとも
説明書のみで作れるのか?
分からずらい点はどんなところなのか?
生地は裁断されていた方がいいのか?
などなどの検証をお願いしました。
 

手づくりに長けているみんなも、
「う〜ん、立体ものって難しいなぁ」
と、悪戦苦闘していましたが、、、。
 

おいしいランチ効果のおかげもあって、
こんなに愛らしい
ルームシューズができあがりました。

今回は手縫いで行ないましたが、
ミシンで作ってもいいなぁ、とかとか。
たくさんのアイデアと
修正点が見つかりました。

 

ひとつひとつがみんな違っていて、
それでいてみんなKawaii〜♪
そんなところも手づくりする
大きな楽しみ&魅力ですね。

今回のように分からないところや、
テクニックが必要で難しい箇所が
多々あったとしても、隣り合った人に
聞いたり教わったり手伝ってもらったり、と。
どんなに親切丁寧なレシピ(作り方説明書)が
あったとしても、
最後は「人に聞く・教わる」が
大きなポイントなのだと思いました。
そんな感じで人が集う場に
マザーズタッチがなれるといいな、
とかとかとか。

わいわい、きゃきゃきゃと言ってる間に、
「なんとかできたね〜♪」と終了間際には
みんなの顔が達成感で満たされました。

ちなみに。
ルームシューズなのに、
どうして片方しかないのか?!

はい、それはわたしの
準備不足のせいなのですが、、、。
片方をみんなに作ってもらい、
もう片方をわたしが作る。
まさにオープン業務を一緒に行なう、
にピッタリの行為ではあるまいか。

と、自分のミスもプラスに変換してしまう
そんな店主のお店のオープンは10月29日です。
どうぞよろしくお願いします(ペコリ)。


そんなこんなで長くなりましたので、
おいしいランチについては、
ご報告はまた明日とさせていただきます。
いや〜、前回にもまして今回も大満足でした♪


+++


【変わらないところ】
1.既存作品のオーダーメイドを承ります。
(過去の作品一覧/タイプ別)
2.大量オーダーメイドを承ります。
(おばあさまの3回忌の引き出物としてご利用いただいたSさまのエピソード)
↓ ↓ ↓
いずれも、こちらのフォームから
お問い合わせくださいますよう
よろしくお願いいたします。

<< 思い描いたことをカタチにするための、あんなことやこんなこと。マコモタケ尽くしのbanni 膳、大好評でしたの巻。 >>