マザーズタッチ / ブログトップ / ショップ運営徒然話 / 点、点、点、、、と、たくさんの点を繋がれば線になるんだな。

 

おはようございます。

アップサイクル研究家のサハラです。

 

昨日、取り付け工事が行なわれていた

アトリエ入口の扉がつきました。

 

じゃじゃーん♪♪♪

↓ こちらです ↓

 

 

なんというか、

以前から付いていたのでは???

と思うほどにマッチしています。

 

 

以前から、アトリエの入り口を

なんとかしたいと思ってました。

どれくらい前から思っていたかと

店主ブログを紐解いてみたら、、、。

 

ありました、ありました。

↓ ↓ ↓

" アトリエカフェ入口の

外扉をなんとかしたい "

 

2016年1月19日のブログなので、

あれから2年1ヶ月と10日の時間が

かかったことになります。

 

長いような短いような

兎にも角にも新しい扉がつきました。

\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

 

DEWの今井さんとは旧知の仲でして

今井さんご夫婦と我が夫は

不思議な縁で繋がっているんです。

看板犬の実々とも大の仲良し〜♪

 

と、それはさておき。

 

 

 

 

アトリエをオープンした

2016年10月29日からずっと一緒に

「こんにちは」や「いらっしゃい」

「またね」や「次は〇日に」、

そしてたくさんの「ありがとう」を

言ったり聞いたり見送ったりしてきた

アルミの扉をシゲさんが外します。

 

 

新しい扉をつけるにあたり、

2つのリクエストがありました。

 

【1】 扉から自然光を取り入れたい。

(そのため扉にガラスをはめ込んでほしい)

 

【2】パリの蚤の市で買った

 真鍮のドアノブを使ってほしい。

 

 

 

 

昨日の店主ブログにも書きましたが、

暗い廊下に自然光を取り入れたいが

今回の新しい扉設置の主目的でした。

 

また詳しく書きますが、

新しい扉には2つのガラス面があり

そのおかげで暗かった廊下が

すっかり明るくなりました。

\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

昨日の蚤の市で
 買ったもの。

 真鍮のドアノブと
 短いナイフ。
ナイフは革用かな?
 どちらも5ユーロ。

と、2015年6月14日に買ったものが、

 

 

 

2年8ヶ月後には、

房総半島の先っちょにある

小さな小さなアトリエ入り口の

扉のノブとして付くなんて、ね♪


 

このドアノブは3年前に行なった

マザタのパリ展で行ったパリの

クリニャンクールの骨董市で

買ったものです。

 

あの時にはまだ

アトリエの「ア」も

なかったけれど、

あの時に拾った点が繋がって

ここでこうして線になったと思うと

感慨深いです。

 

 

 

 

朝からの工事も

DEWさんの焼き印を押して

いよいよできあがりです。

 

看板犬ものぞき込んで

できあがるその時を

心待ちにしている模様です(笑)。

 

 

 

ふたつ目のリクエストである

真鍮のドアノブともども、

扉自体がずーーーーっと前から

この建物に付いていたかの如く

すごーーーーーく馴染んでいます。

 

あぁ、嬉しいなぁ♡

DEWの今井シゲさん

わたしの「こんな感じにしたい」を

カタチにしてくださって

ありがとうございました。

 

こだわって作ろうね。

こだわらないとさ、

いいもの作れないからね。

打ち合わせから工事完了まで、

何度となく聞いたこの言葉。

アレコレこだわってよかったな。

ほんとにありがとうございました。

 

 

+

 

 

本日、木曜日アトリエは
10:00〜16:00のオープンです。

 

毎日使う道具を
 アップサイクルから生み出そう。

 

新しい扉を開けに
ぜひお出でください。

 

裂き織り用緯糸(よこいと)作り隊

ひき続き募集中です。

どうぞよろしくお願いします。


 

春の嵐から一転、

アトリエ上空はいいお天気です。

これから強風になるとの予報が

ウソのようですが、気象情報に

気をつけて過ごしたいですね。

 

みなさまにとって、

明るい木曜日になりますように。

 

<< ただいま新しい扉を設置中〜♪明るい扉に朝からウキウキ。 >>