マザーズタッチ / ブログトップ / ショップ運営徒然話 / 刺し子の思い出。

 

おはようございます。

アップサイクル研究家のサハラです。

 

扉が新しくなったことで、

一気に片付けモードが加速しています。

 

お客さんにも

「あら、模様替えしたの?」

と言われるくらい

きれいに片付いているアトリエです。

(いつもこうだといいのですが。笑)

 

 

そんな中、

↓懐かしい一枚の布↓が出てきました。

 

 

結婚した数年後、

持病のアトピーが悪化して

入院したことがありました。

 

退院後もすっきりとは戻らぬ体調。

しばらく湯治をすることに、、、。

そこに同行してくれたのが義母でした。

 

朝晩、薬効があるといわれる温泉に入り

上げ膳据え膳の食事を摂り、

近所の河原を散歩する。

 

いま思うと夢のような日々ですが

本が読めるほどには

体調は回復しておらず

何をする気も起こらないのです。

これがまた暇なんですね、、、。

 

 

ぼんやりし続け、

気病みしているわたしに

義母が「刺し子でもしましょうか」と

糸と針を差し出しました。

暇つぶしになればと

持ってきてたのだそうです。

 

刺し子などやったこともないし、

それに手の平も指も荒れていて

針など持てるはずもなく、、、。

 

そんな状態だったものの、

やってみたらこれが楽しくて。

寝る間も惜しんで刺し子をする日々。

 

義母からは

「少しずつやるといいのよ。

 そんなに根を詰めたら

 またダウンしちゃうわよ〜」

と、たしなめられつつも止まらぬ手(笑)。

 

いまにして思えば、

思うように回復せぬ体調に対する

現実逃避だったワケですが。

義母の優しいキモチや

他愛もないおしゃべり、

旅館で行なわれていた

バイオリンコンサートのことなど

懐かしく思い出しました。

 


 

あの時の刺し子の布。

久しぶりに日の目を見て

なにに使おうかと考えて、

あ、そうだ!と

マグカップたちの上にかけ

ほこり除けと相成りました。

 

愛着あるものに囲まれた毎日。

今日もひとつプラスチック製品を

処分します。

 

 

+

 

 

本日、土曜日のアトリエは
10:00〜16:00のオープンです。

 

毎日使う道具を
 アップサイクルから生み出そう。

 

入り口の新しき扉は

閉めてありますが、

どうぞカチャッと開けて

お入りくださいませ。

 

裂き織り用緯糸(よこいと)作り隊

ひき続き募集中です。

どうぞよろしくお願いします。


みなさんにとって

明るく健やかな

土曜日になりますように。

<< 3月9日、サンキューの日。キブシの花が咲きました。 >>