マザーズタッチ / ブログトップ / ショップ運営徒然話 / 経年変化して柔らかくなった浴衣生地をアップサイクル。

 

おはようございます。

アップサイクル研究家のサハラです。

 

わたしの身の回りには

アップサイクルした

生活道具が多くありますが、

「古いからいい」ワケではなくて。

経年変化した「柔らかさ」や

温かいシャビー感が好みなのです。

 

例えば、この浴衣生地で作ったワンピース。

↓ ↓ ↓

 

7月あたまに実家の旅館から

送られてきたものでした。

 

実家の旅館から

大量の浴衣が届きました。

 

新作と入れ替えるとのことで

少し色あせた古着の浴衣です。

送り主は4代目となる甥です。

わたしのしていることを

詳しくは知らずとも、

「もしかして、使う?」と

電話をくれたのでした。

 

裂き織りの緯糸(よこいと)にすべく、

解くなどして準備をしていたのですが。

 

ひょんなことから

自分用の寝間着を作ったところ、

我が家のJKにも作ることになり、

さらには、この週末泊りがけで

遊びに来るというJK友だち用に

もう1枚作りました。

↓ ↓ ↓

 

この浴衣deワンピース、

なにがいいって肌心地がいいんです。

 

何度も水をくぐって

色が褪せた洗いざらしなので

生地がとても柔らかくなっています。

ただ、どんなに着心地が良くても

「作品」として販売できるものでは

ありません。色褪せがあったり、

擦れがあったり、糸穴が空いてたり

が、あるからです、、。

 

とはいえ。

自分用や家族用、

家族の友人宛てになら

十分に役に立てますし、

その肌心地の良さは

新品では味わえないものです。

 

なにより、

誰かが誰かを思って動いてくれた

古着の浴衣を、まるでその思いを

バトンするかのようなカタチで

アップサイクルできてあら嬉しや♪

な、朝なのでした。

 

 

+
 

 

本日、木曜日のアトリエは

10:00〜16:00のオープンです。

 

午前中いっぱい

2Fでパソコン業務をしています。

お出での際はお声がけください。

 

 

毎日使う道具を
アップサイクルから生み出そう。

 

裂き織り用緯糸(よこいと)作り隊

ひき続き募集中です。

 

 

復活したマザタのインスタグラム。

よろしかったらフォローしてください。

↓ ↓ ↓

 

 

昨夜からぐっと涼しくなりました。

週末には台風上陸との予報も出ています。

西日本は酷暑が続いていますし。

 

いつもと違う夏の様相ですが

くれぐれも体調にお気を付けください。

みなさんにとって明るく健やかな

木曜日になりますように。

 

 

<< 暑い夏の過ごし方。マザーズタッチ 2018夏季休業のお知らせ。 >>