マザーズタッチ / ブログトップ / 金継ぎアトリエ / 3ヶ月ぶりに金継ぎワークショップを再開しました。

 

こんにちは。

アップサイクル研究家のサハラです。

昨日、3ヶ月ぶりに金継ぎワークショップを実施しました。

 

数日かけてアトリエのお掃除をしました。いつものお掃除と違って、考えうるアトリエ内部のほとんどにアルコール消毒を施しました。おかげでゴチャゴチャしていたアトリエ内がすっきりしました。徒長していた観葉植物や多肉植物も強剪定をしてすっきり。

 

いままでトイレの手洗い所には、1回ごとに使っていただくタオルを置き、使用後は洗面台下のカゴに入れていただいていたのですが(ゴミ削減のため)。新型コロナ感染拡大防止策のひとつとして、使い捨てができるペーパータオルとハンドソープを設置したり、アトリエ入口にはアルコールジェルを置きました。

 


また、ご参加いただくみなさんには、事前に次のような注意事項をお願いしました。

 


1.当日朝に体調が悪い場合は参加をご遠慮ください。キャンセル料は発生しません。

2.マザーズタッチ入口にアルコールをご用意します。ご入室前にアルコール消毒をお願いします。

3.マスクの着用をお願いします。

4.換気のために入口と窓を開放することをご了承ください。

5.トイレはご自由にお使いください。洗面所はペーパータオルをご用意してあります。

6.ご帰宅後、発熱や体調不良が起きました場合は速やかにご連絡くださいますようお願いします。← プライバシーに配慮しつつ関係各所へ連絡相談します。

 

新型コロナ感染拡大防止策として3密を避けるとともに、お客さまにご協力いただきながらワークショップを開催していけることをあらためて実感した1日となりました。

 

わたし個人で言えば、実に3か月ぶりに生身の人間に会ってお話しをしました(家族とご近所さんを除く)。朝夕の犬散歩と早朝ジョギング以外、家からほぼ出ずに過ごしていました。それはそれで外の世界から隔絶されて、思いのほか楽しい時間だったのですが(その時間については、またあらためて書きますね)。

 

"金粉は純金の粉ではなく真鍮粉です。銀粉は、えーっと、あれ?なんだったっけ??? "などと、取説としての不備が発生してしまったり。「人と話すのが3か月ぶり」を言い訳させていただき、「あとで思い出しますから作業を進めましょう」なんてこともありました。(数分後にアルミ粉であることを思い出しました。失礼しました)

 

ここ数ヶ月忘れてました。楽しむことは一番の栄養剤て事を…。サハラさん素敵な空間での一時 ありがとうございました。


参加した方からいただいたメッセージに、ジーン。


わたしは、まわりの人が喜ぶ姿を見るのが嬉しくて仕事をしています。その「まわりの人たち」は、仕事のパートナーや家族、もちろんアトリエのお客さま、マザーズタッチと関わってくださるまわりの人たちです。みなさんの笑顔がわたしのエネルギーになるのだと、久しぶりに実感した1日でした。こちらこそ、ありがとうございました。

 

★記事内の金継ぎはすべて参加者作品です★

 

そして、今朝。

しばらく何の動きもなかったウンベラータに、新しい葉っぱが出ていました。

 

動くと、動く。

 

アトリエの扉を開けたら、次と次と次へと動き出しました。安全に、そして安心して楽しい時間を過ごしていただける空間作りに努めます。しばらくの間、金継ぎ、ダーニング、機織り等のワークショップは拙アトリエのみでの開催となります。新型コロナ感染拡大防止策として3密を避けるため、参加人数を5名以内とさせてください。リクエスト等にできる限りお応えしたいと思います。お気軽にお問い合わせください。どうぞよろしくお願いします。

 


+++

 

アップサイクルとはなんぞや?

 

↓ ↓ ↓

 

アップサイクルとは、一度役目を終えて廃棄物や不要となったものにアイデアやデザインなど手間を加えることで、新しい価値を持ったモノやコトにアップグレードさせることです。

 

"もったいない" 思いを、

手間と時間を加えることで

新しい形にするコト。

 

それがマザーズタッチのアップサイクルです。

 

 

マザタのインスタグラムです。

よかったらフォローしてください。

↓ ↓ ↓