マザーズタッチ / ブログトップ / 金継ぎアトリエ / 金継ぎアトリエ・ワールドツアー第2弾♪東アジア初上陸、台湾(台北)開催の詳細発表です。

 

こんにちは。

アップサイクル研究家のサハラです。

 

昨日お知らせした

金継ぎアトリエ・ワールドツアー第2弾♪

東アジア初上陸、台北開催 の詳細

会場としてワークスペースをお借りする

RETRO印刷Jamさんの

SNSにて発表されました。

 

↓ ↓ ↓

 

 

中国語ですね。

台湾の方たちへのお知らせですから

あたり前なんですが、、、ドキドキ。

どのような方たちが

参加してくださるのか、

皆目見当がつかずドキドキします。

 

まぁ、マザーズタッチで

アトリエを開催する時でも

どのような方がいらっしゃるかは

当日まで分からないので

ドキドキも慣れっこですし、

そのための準備を万端にすることで

ドキドキをワクワクに変換できますし。

 

 

あ、そういえば!

ワールドツアーの記事を読んで
「館山ではやらないのですか?」の
お問い合わせをいただき、
3月上旬にプライベートレッスン的に
金継ぎアトリエを実施します。

 

今までもお問い合わせを

いただいていたのですが、

お客さまのご都合と
わたしのスケジュールがあわず
先送りになっていました。

 

ワールドツアーも大切ながら、

近隣のご希望いただいく方たちへも

金継ぎをお伝えしたく、
少人数での開催を決めたのですが、
(6名にお声をかけましたが)
(ご都合が良い方は2名様でした)
その2名のお客さまがそれぞれに
ご友人にお声をかけてくださり、
最終的に5名さまに増えました。
今回はお客さまが
ご友人を誘うカタチで
集客してくださいました。
ありがとうございます。
(わたし何もせずに恐縮です)

 

 

+++

 

 

金継ぎに限らず
アトリエを開催するには、
告知や集客、資料の制作
材料の準備のみならず、
会場のセッティングや
茶菓の仕込み&食器のセレクト等々
主催者の業務は多岐に渡ります。

 

さらには、お客さまへの

キャンセルポリシーの共有や

リマインダーメール(2回)送信など。

 

今回のように作業分担が発生する時、

そして相手が海外ならば尚更のこと。

ときに自分の思い込みが
大きなミスにつながります。
考えられる限りのリスクヘッジを
幾重にもしておくことが肝要です。

 

連絡は密に。

言語はひとつ(日本語)で。

率先垂範かつ感謝の気持ちを忘れずに。

 

と、ここまで書いて、、、。

台北の担当者と共有している

参加者リストに次々と中国語での
お名前が埋まっていく様子に
ドキドキが止まりません。

谢谢 我的心跳不能停止
 

+++

 

 

アップサイクルとはなんぞや?

 

↓ ↓ ↓

 

アップサイクルとは、

一度役目を終えて

廃棄物や不要となったものに

アイデアやデザインなど

手間を加えることで、

新しい価値を持ったモノやコトに

アップグレードさせることです。

 

"もったいない" 思いを、

手間と時間を加えることで

新しい形にするコト。

 

それがマザーズタッチの

アップサイクルです。