マザーズタッチ / ブログトップ / ショップ運営徒然話 / 古物商許可申請に必要な書類&役所めぐり

こんにちは。
マザーズタッチ 店長のサハラです。

先日、古物商申請の件で警察署に電話したときのこと。
内容が煩雑そうに思えたので「自分でできますか?」と聞くと、
担当の方が「大丈夫、できますよ」と。ならば、と。
もろもろの書類を集めに役所まわりをしてきました。

ちなみに、古物商許可申請に必要な書類は以下の通りですが、
それぞれもらえる役所が違うんです。あ゛ーこれってほんと面倒です。
【古物商許可申請に必要な書類】
・古物商許可申請書(警視庁HPよりダウンロード)
・住民票 ---------------------------- 自分が居住している役所
・身分証明書 ------------------------ 本籍のある役所
・登記されていないことの証明書 ------- 法務局
・誓約書(警視庁のHPよりダウンロード)
・経歴書(直近5年間分)
 
「たかが書類、役所にいって取ってくればいいんでしょ」
そう思って出かけたものの、これがまぁダメ出しの連続なのでした(涙)。

古物商許可申請に必要な書類 まずは住民票を取りに渋谷区役所へ
まずは私の住民票がある渋谷区役所へ。
ま、これは問題なく済みました、30分ほど待たされましたが。

印鑑登録証があれば待たずに簡単、費用も安い♪
渋:印鑑登録証をお持ちですか?
私:持ってますが、今日は持ってきていません。んっ…?
(いつから住民票とるのに印鑑登録証が必要になったの?といぶかしんでたら)

渋:印鑑登録証があれば自動交付機で簡単に取れて費用も50円安いのです。
私:あ゛ー、残念〜。次回からそうします…。
くぅ〜、無知って損です。時間もお金も無駄に消費します。
【注意】
自動交付機で使えるようになるには、一旦窓口での手続きが必要です(無料)。
いきなり印鑑登録証を自動交付機に差し込んでも使えません。


ま、ひとつ知識が増えたと気を取り直し、身分証明書の申請をしたところ、

渋:本籍地のある役所でしか取れません。
私:え゛っ?! 住民票があるところじゃないんですか?

渋:いえ、本籍地のあるところです。
私:確認ですが「古物商許可申請」に必要な身分証明書とは、免許証や保険証ではダメでか?

渋:はい、ダメです。あなたの本籍のある役所で申請してください。
私:わ、わかりました。 
本籍も都内なのですが、渋谷から山手線で一番遠い位置にあり、この日は時間がなく行けず仕舞い。
【補足】
本籍地が遠方の場合、郵便でも取り寄せることができます。
各自治体で取得方法が違うようですのでご確認ください。


たかだか2つの書類を取るだけなのに(結局1つしか取れないし)、
ことごとくダメ出しを喰らった気分になる私。
そんなダウナー気分にめげちゃいかんと自分を鼓舞しつつ、
渋谷区役所を出て法務局に向かったところ。
なんとっ!そこでもまたダメ出しを喰らうはめに…。




長くなりましたので、続きはまた明日。
はぁー、それにしても諸手続きって、どうしてこうめんどうくさいんでしょね。
+++

人気ブログランキングに参加中です♪