マザーズタッチ / ブログトップ / スペース・マザーズタッチ / アトリエカフェ入口の外扉をなんとかしたい。

こんにちは。
マザーズタッチ店主のサハラです。

一度ご来店していただいたお客さまから
楽しかった!次は友人を連れて来たいけど、
ここをなんと説明してよいのやら、、、。

そんな風に言われることも多く、
作れる雑貨屋さん」というのも
説明が長く相手に伝わりにくいらしく。

ならば、と。
先日来、FacebookなどのSNSにおいて
アトリエカフェと名乗りはじめました。

カフェとはなんぞや。

カフェ(仏: café、伊: caffè)は、本来コーヒーの意味。転じて、コーヒーなどを飲ませる飲食店を意味する。ヨーロッパの都市に見られるある種の飲食店を意味し、特にパリやウィーンのものが知られる。新聞や雑誌がそこで読め、時の話題について談笑し、情報交換のできる場所として親しまれている。 出展:wikipedia

です。ですです。

これを、
アトリエ(マザーズタッチの)カフェとして
はめ込んでみると中々いい感じ、
のように思いますがいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓

スペース・マザーズタッチでは、
コーヒーやペリエをお楽しみいただけます。
手づくり関係の書籍や雑誌がそこで読めて、
ハンドメイド関係の時の話題に談笑し、
情報交換できる場所として親しまれるよう
ただいま発展途上のアトリエカフェです。

月に1〜2度開催の
1Dayレッスンも行なっています。
1Dayレッスンでは、
行く前から楽しみでドキドキし、
当日も、そして終わってからも
ワクワクが続くような、
そんないい時間をお届けすべく
学ぶ楽しさを体験していただける
プログラムをご用意しています。

「ああ、行ってよかった」という時間を
お客さまにギフトできるような
そんな内容に努めています。
スペース・マザーズタッチについての
詳しくはこちらをご覧ください。


これからスペース・マザーズタッチは
アトリエカフェとして活動していきますので
どうぞよろしくお願いいたします。


+++ +++


と。
前置きが長くなりましたが、
そのアトリエカフェの
入口の外扉がイケてなくて
以前からなんとかしたい!
そう思っていたのです。


アトリエカフェオープン時は、
こんな感じで外扉を開けています。

が・・・。
ここ数日のあまりの寒さで
終日開けてることもままならず。




が、閉めるとこんな感じでイケてないんです。
なんとかしたい、なんとかしたいと思いつつ、
あのスタートの日からあっと言う間に
2か月半が経ってしまいました。




で、本日。
ドアに落書きをしはじめました。

イメージは、
「ワサワサしている草むら」です。

(あまりの寒さに)
(30分ほどで手がかじかみ)
(描けなくなりました、、、。)



この写真をひと足先にSNSに投稿したら
「初夏田圃の稲」とのコメントが!
なるほど〜。
田園の稲として見ると、
デイジーを描こうとして描いた
真ん中ま黄色い部分が
蛍に見えてきて面白い〜♪

ま、落書きなので出来栄えはアレですが、
この外扉に営業日と営業時間を記した
木のプレートなどを吊るしたら、
イケてない外扉も少しは、、、。
と、希望的観測しています。
また明日手を加えて改めます。


+++ +++

【お知らせ】
1月22日の1Day レッスン、
午前クラス・午後クラス共に
まだ空きがあります。
↓ ↓ ↓
詳しくはこちらをご覧ください。

1月の1Day レッスンのお知らせ
裂き編み・ファーストレッスン