マザーズタッチ / ブログトップ / ショップ運営徒然話 / 着物の里帰り。

こんにちは。
マザーズタッチ 店長のサハラです。

すっかり秋ですね。
週末、所用のため海辺の町に出かけていたのですが、
海の向こうに富士山が見えました。
真っ赤な夕焼けの中に浮かぶ富士山は神々しくもあり、
たくさんのパワーをもらった気がします。

+++

さて、パワーと言えば、
日頃いただく「お客様の声」はショップ運営の大きな励みとなり、
私に強力なパワーを与えてくれます。
みなさま、いつもありがとうございます!!!

今日は、ある「着物の里帰り」にまつわる声を記したいと思います。
マザーズタッチは2008年10月29日にオープンしました。
(もう10ヶ月以上も経ったのですね、早いものです。シミジミ〜)
オープン直後から、「ウチではもう着ないから」などの理由で
着物や帯を譲っていただくことが多々あります。
多くは友人知人のお母様からなのですが、中には
1月に掲載された産経新聞を見て、わざわざ送っていただいた方もありました。

そのように送っていただいた着物や帯は本当にありがたいものです。
感謝の気持ちを込め、材料の一部として使わせていただいているのですが、
商品として使わせていただく前に「着物の里帰り」と称して、
新しい形に変えて送り主さまにお届けしています。

送っていただいた方の年齢や職業など知りうる限りの情報を元に、
お送りするアイテムも「名刺入れ」「折り紙バッグ」「Piece+Peaceバッグ」と変えています。

先日、友人のお母様宛てに「Piece+Peaceバッグ」に形を変えて、
「着物の里帰り」としてお送りしたところ、とても喜んでいただきました。
さらに、お母様のお友達からも「Piece+Peaceバッグ」が好評をいただいたとのこと。
「どこで買えるのか?」
「自分も着なくなった着物があるので使ってほしい」
などの声をいただくと共に、70歳代という年齢から、
「インターネットは使えない・・・」との声も多かったとのことです。

インターネットが使えないお客様には今までも、
ご要望に応じて商品写真をプリントしてお送りするなどをしてきましたが、
表立ってそのようなサービスがあることを明記していませんでした。
というのも、マザーズタッチ商品はほとんど1点ものなので、
お客様の元に写真が届いた時点で売り切れになってしまうケースが
しばしば起きてしまうためです。

今回も数点の商品写真をプリントしてお送りしようと準備しています。
価格や注文方法などを明記したページも同封し、
ミニカタログのように作るべくあれこれ試行錯誤を繰り返しています。

マザーズタッチの販売形態はネットショップがメインであるものの、
こんな風に少しずつ工夫を重ねることで、インターネット以外でも
一人でも多くの方に当店を知っていただけたたなら、とても嬉しいことです♪
「この商品を提供してくれてありがとうと思っていただけるショップ」
「ありがとうの対価として気持ちよくお買い上げいただけるショップ」

そんなショップを目指していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。